エンソート合同会社代表取締役社長就任のお知らせ 幹部人材の採用で日本市場でのさらなる飛躍を目指す

科学分野のデジタル変革を推進するエンソートは本日、溝上勝功(みぞがみかつのり)がエンソート合同会社(所在地:東京都港区 以下:エンソート)の代表取締役社長に就任したことを発表いたします。新体制のもと、当社は日本市場での成長・拡大を目指します。

エンソートは日本において大きな成長と成功を実現してきました。 2023年の始めには東京エレクトロン(TEL)と同社のデジタル変革(DX)への取り組みを加速する5年契約を発表し、その取り組みの一環としてTEL Venture Capital社からエンソートへの株式投資を受けました。 さらに、当社のマテリアルズ・インフォマティクス(MI)推進プログラムを導入し、科学研究開発の変革を促進するための、レゾナック社やTBM社とのパートナーシップも発表しました。 革新的なソリューションと、DXに対するバリュー・ドリブンなアプローチ、科学技術に関する深い理解により、エンソートは 日本の各業界トップ企業における、信頼できるパートナーとしての地位を確立してきました。

この勢いを最大限に生かすべく、収益拡大と顧客関係の構築において素晴らしい実績を持ち、豊富な知識とリーダーシップをもたらす溝上を当社に迎えました。 エンソートの最高執行責任者(COO)であるマイク・コネルは次のように述べています。溝上勝功(みぞがみかつのり)、代表取締役社

「溝上氏の入社を大変嬉しく思います。彼の豊富な経験と、その経験に裏付けされたデジタル変革イニシアティブを推進する力、戦略的パートナーシップを築く力により、エンソートはさらなる高みを目指します。当社のDXソリューションは、日本で新しい事業価値を生み出しデジタルへの投資を促します。溝上氏のリーダーシップの下で、当社の日本への投資を拡大増やし、お客様にご満足いただける価値をお届けすることを楽しみにしております。」 当社のDXソリューションは、日本で新しい事業価値を生み出しデジタルへの投資を促します。溝上氏のリーダーシップの下で、当社の日本への投資を拡大増やし、お客様にご満足いただける価値をお届けすることを楽しみにしております。」

溝上は、エンソート入社以前は、世界的なデータ管理会社であるDigitalRouteのカントリーヘッドを務めました。 エンソートではこれまでの豊富な営業経験と日本市場に関する深い理解を生かし、イノベーションを加速する価値の高い科学ソリューションを広め、当社の事業拡大に向けた取り組みを主導します。

溝上は次のように述べています。「エンソートで日本の事業拡大を担当できることを嬉しく思います。 弊社の科学分野でのイノベーションにおける評価や、顧客に真のDXを提供する活動は、『日本の企業を成功に導くテクノロジーを広めたい』という私の思いと正に一致するものです。 エンソートの戦略的パートナーシップを強化し、革新的な企業の皆様と協業させていただき、真のDXにより科学の進歩を加速させることを楽しみにしております。」

エンソートが後押しをしている科学系組織のDX戦略についての詳細は、https://enthought.jp/digital-transformation/をご覧ください。

エンソート (Enthought) について

エンソートは、科学分野のデジタルトランスフォーメーションを推進しています。 エンソートの技術と深い科学的専門知識は、迅速な発見と継続的な革新を可能にしています。また、デジタルを駆使できる従業員を育成して分析可能な科学データを利用可能にすることで、従業員が科学とビジネスにおける価値創出の促進者になるようにしています。 エンソートは、電子、半導体、材料設計、製造、製薬、バイオテクノロジー、エネルギー、消費財の各市場の組織を変革することを専門としています。 本社は、テキサス州オースティンに位置し、日本の東京、英国ケンブリッジ、スイスのチューリッヒにもオフィスを構えています。 詳細情報については、www.enthought.jpをご覧ください。また、リンクトインツイッターでも、エンソートの情報をご覧いただけます。

メディアお問い合わせ先
エンソート 広報事務局
担当:ジェレミー、石井、大木、馮
Email: contact@kartz.co.jp
Tel: 03-6427-1627

Share this article:

Related Content

Enthoughtが定義する、製薬会社の研究開発ラボにおける真のDX

Enthought GKチームは、東京で開催されたライフサイエンスカンファレンス「ファーマIT&デジタルヘルスエキスポ2022」に出展し、技術的な見識と市場成長の活性化を求めて集まる製薬業界のリーダーたちと会談しました。三日間の会期中に200社が出展し、6700人以上の参加者が集まりました。 デジタルトランスフォーメーションが主要テーマである本展示会は、当社のターゲットとする企業に、製薬業界の新薬開発を加速させる当社のサービスを

Read More

科学における大規模言語モデルの重要性

OpenAIのChatGPTやGoogleのBardなど、大規模言語モデル(LLM)は自然言語で人と対話する能力において著しい進歩を遂げました。 ユーザーが言葉で要望を入力すれば、LLMは「理解」し、適切な回答を返してくれます。

Read More

ライフサイエンス分野におけるデジタル化拡大の課題

研究開発におけるイノベーションの規模拡大は、ラボか…

Read More

Top 5 Takeaways from the American Chemical Society (ACS) 2023 Fall Meeting: R&D Data, Generative AI and More

By Mike Heiber, Ph.D., Di…

Read More

Life Sciences Labs Optimize with New Digital Technologies and Upskilling

Labs are resetting the tr…

Read More

Real Scientists Make Their Own Tools

There’s a long history of…

Read More

From Data to Discovery: Exploring the Potential of Generative Models in Materials Informatics Solutions

Generative models can be used in many more areas than just language generation, with one particularly promising area: molecule generation for chemical product development.

Read More

7 Pro-Tips for Scientists: Using LLMs to Write Code

Scientists gain superpowe…

Read More

The Importance of Large Language Models in Science Even If You Don’t Work With Language

OpenAI's ChatGPT, Google's Bard, and other similar Large Language Models (LLMs) have made dramatic strides in their ability to interact with people using natural language....

Read More

4 Reasons to Learn Xarray and Awkward Array—for NumPy and Pandas Users

You know it. We know it. …

Read More