エリック・ジョーンズ 博士・CEO、フォーブス・テクノロジー・カウンシル委員 | 先端AIの戦略可能性について:ChatGPTを中心に

エリック・ジョーンズ 博士・CEO、フォーブス・テクノロジー・カウンシル委員 | 先端AIの戦略可能性について:ChatGPTを中心に


著者:Dr. Eric Jones (エリック・ジョーンズ 博士) CEO

 

ChatGPTは一夜にして大きなセンセーションを巻き起こしましたが、それを実現する技術開発には数十年が費やされました。 本記事では、ChatGPTとは何か、どのように開発されたのか、そして、その可能性を活用するための経営戦略について説明します。

ChatGPTとは?

ChatGPTは、ニューラルネットワークのディープラーニング(深層学習)モデルである、GPT(Generative Pretrained Transformer)を活用した対話型AIアプリです。 GPTは、インターネット上のコンテンツなど膨大なデータから学習しており、入力シークエンス(指示や質問など)を出力シークエンス(指示への対応や質問への回答)に変換することで、入力されたプロンプトに対して人間のような言葉で返答を生成します。

ChatGPTを実現した技術発展とは?

ニューラルネットワークは60年以上前からありましたが、何十年ものあいだ、それは小規模の、いわば「ささいな」問題に対処するためのものが主でした。 しかしここ20年でいくつかの技術的なブレークスルーがあり、ChatGPTの登場が可能になりました。 その技術革新には以下のものがあります。

  1. 多層化したニューラルネットワークで深層学習できる学習アルゴリズム(以前は、1〜2層の接続にしか対応できず、モデルの表現力に限界があった)
  2. 人間のような言葉での返答を生みだすことのできる生成ネットワークをトレーニングし応用するための理論的枠組み
  3. 自然な発話や画像などの複雑性を処理する「Attention」(注意)機構
  4. ウェブ上のコンテンツや、電子書籍・SNS投稿のコーパスなど、膨大な学習データへのアクセス 。
  5. 学習に使える大規模でスケーラブルな計算リソースの実現。
  6. モデルにセーフティ機能を組み込むのに活用できる強化学習手法。

どのようなビジネスチャンスがあるのか?

ChatGPTは3つのビジネスチャンスをもたらすと考えられます。詳しくはこちらからフォーブス記事全文をお読みください。

Share this article:

Related Content

Enthoughtが定義する、製薬会社の研究開発ラボにおける真のDX

Enthought GKチームは、東京で開催されたライフサイエンスカンファレンス「ファーマIT&デジタルヘルスエキスポ2022」に出展し、技術的な見識と市場成長の活性化を求めて集まる製薬業界のリーダーたちと会談しました。三日間の会期中に200社が出展し、6700人以上の参加者が集まりました。 デジタルトランスフォーメーションが主要テーマである本展示会は、当社のターゲットとする企業に、製薬業界の新薬開発を加速させる当社のサービスを

Read More

科学における大規模言語モデルの重要性

OpenAIのChatGPTやGoogleのBardなど、大規模言語モデル(LLM)は自然言語で人と対話する能力において著しい進歩を遂げました。 ユーザーが言葉で要望を入力すれば、LLMは「理解」し、適切な回答を返してくれます。

Read More

ライフサイエンス分野におけるデジタル化拡大の課題

研究開発におけるイノベーションの規模拡大は、ラボか…

Read More

Top 5 Takeaways from the American Chemical Society (ACS) 2023 Fall Meeting: R&D Data, Generative AI and More

By Mike Heiber, Ph.D., Di…

Read More

Life Sciences Labs Optimize with New Digital Technologies and Upskilling

Labs are resetting the tr…

Read More

Real Scientists Make Their Own Tools

There’s a long history of…

Read More

From Data to Discovery: Exploring the Potential of Generative Models in Materials Informatics Solutions

Generative models can be used in many more areas than just language generation, with one particularly promising area: molecule generation for chemical product development.

Read More

7 Pro-Tips for Scientists: Using LLMs to Write Code

Scientists gain superpowe…

Read More

The Importance of Large Language Models in Science Even If You Don’t Work With Language

OpenAI's ChatGPT, Google's Bard, and other similar Large Language Models (LLMs) have made dramatic strides in their ability to interact with people using natural language....

Read More

4 Reasons to Learn Xarray and Awkward Array—for NumPy and Pandas Users

You know it. We know it. …

Read More