マテリアルズインフォマティクスは研究開発に何をもたらすか

今日の材料科学および化学業界における研究開発

素材や化学業界における成功は、これまで以上に、革新的な製品をいかに短期間で開発できるかにかかっています。今日、マテリアルズインフォマティクスはそれを可能にし得るソリューションとして注目を浴びています。

マテリアルズインフォマティクスとは何でしょう?マテリアルズインフォマティクス(MI)とは、データ駆動型戦略と高度な計算技術に基づいて材料発見と製品開発を進める最新のアプローチです。より迅速に、より安価に、より効率的に、新しい材料を開発するため、材料科学・データ科学・科学計算の要素を組み合わせています。

マテリアルズインフォマティクスは新たな技術やプラットフォームの導入ということだけではありません。MIを効果的に導入することで、人、プロセス、そして技術に変革をもたらすのです。

ここからは、最新の研究開発におけるMIの特徴についてご紹介します。

PDFをダウンロード

Enthought | AI and Machine Learning Driven Solutions

人工知能(AI)と機械学習(ML)をワークフローに組み込み、効率化とスピードアップを実現

従来の研究開発プロセスは、時間とリソースを大量に消費する試行錯誤的アプローチです。MI技術を採用することで、ワークフローを最適化し、研究プロセスを合理化できるため、大幅な効率化とスピードアップが可能になります。研究者はAIとMIによるモデリングを利用して、材料の特性や性質を予測できるため、効率的に研究や製品開発を進めることができます。その結果、コストや時間のかかる試行錯誤的な反復型プロセスを削減し、研究開発全体のスケジュールや市場投入までの時間を短縮できます。

Enthought | Digital Skills for Scientists

専門分野固有の知識に加え、優れたデジタルスキルを持つ研究者

現代の研究開発がデータ駆動型であることを踏まえると、研究者にとってデータを競争優位性に転換するデジタルスキルは必要不可欠です。AIやML、データ分析を学んだ研究者は、製品開発のワークフローを刷新して、生産性を高めることができます。デジタル習熟度が高ければ、データ駆動型の研究方法論を作成することも、実験計画を最適化することも、他の方法では不可能な程の短期間での革新を起こすことも可能です。研究開発プロセスを促進し、効率的に成果を上げるためにも、企業経営者は、研究者のデジタルスキル育成に投資すべきです。

材料業界をリードする出光興産が、エンソート独自のマテリアルズインフォマティクス推進プログラムを採用して、どのように研究開発チームに革新をもたらしたかをご覧ください。

Enthought | Digital Transformation for Science

科学的革新を可能にする、柔軟性と拡張性に優れたデジタルツール

複雑な科学データとプロセスを取り扱うには、柔軟で適応性のあるデジタルツールが必要不可欠です。MIツールは、研究者がどのように科学データを使用するかを理解して構築されているだけでなく、実験自体の性質である反復性に適応できることが重要です。さらに、ソリューションは、複雑な材料の特性データの取り扱いや、新材料開発システム、科学的発見プロセスに適応するだけでなく、次々と登場する新しい課題にもスムーズに対応できる拡張性を備えていなければなりません。研究開発に必要なのは、クリーンで統一されたインターフェイス、安全かつ柔軟性の高い研究開発に特化したプラットフォームです。優れたプラットフォームは、保存場所に関係なく、使い慣れたツールを使用してデータを分析することも、同僚とアセットをシームレスに共有することも、さらに、IT関連の経費を最小限に抑えつつ独自のMIアプリケーションを構築、展開することも可能にします。

研究開発や複雑な科学データ用に構築されたクラウドネイティブ・プラットフォーム、Enthought Edgeについてご覧ください。

マテリアルズインフォマティクスを活用した研究開発の加速にご興味をお持ちでしょうか。お問い合わせフォームからご相談ください。

 

PDFのダンロードはこちらから

その他 Blogs や リソース

Share this article:

Related Content

R&D イノベーションサミット2024「研究開発におけるAIの大規模活用に向けて – デジタル環境で勝ち残る研究開発組織への変革」開催レポート

去る2024年5月30日に、近年注目のAIの大規模活用をテーマに、エンソート主催のプライベートイベントがミッドタウン日比谷6FのBASE Qで開催されました。

Read More

科学研究開発における小規模データの最大活用

多くの伝統的なイノベーション主導の組織では、科学データは特定の短期的な研究質問に答えるために生成され、その後は知的財産を保護するためにアーカイブされます。しかし、将来的にデータを再利用して他の関連する質問に活用することにはあまり注意が払われません。

Read More

科学研究開発リーダーが知っておくべき AI 概念トップ 10

近年のAIのダイナミックな環境で、R&Dリーダーや科学者が、企業の将来を見据えたデータ戦略をより効果的に開発し、画期的な発見に向けて先導していくためには、重要なAIの概念を理解することが不可欠です。

Read More

科学における大規模言語モデルの重要性

OpenAIのChatGPTやGoogleのBardなど、大規模言語モデル(LLM)は自然言語で人と対話する能力において著しい進歩を遂げました。 ユーザーが言葉で要望を入力すれば、LLMは「理解」し、適切な回答を返してくれます。

Read More

ライフサイエンス分野におけるデジタル化拡大の課題

研究開発におけるイノベーションの規模拡大は、ラボか…

Read More

ITは科学の成功にいかに寄与するか

科学と工学の分野においてAIと機械学習の重要性が高まるなか、企業が革新的であるためには、研究開発部門とIT部門のリーダーシップが上手く連携を取ることが重要になっています。予算やポリシー、ベンダー選択が不適切だと、重要な研究プログラムが不必要に阻害されることがあります。また反対に、「なんでもあり」という姿勢が貴重なリソースを浪費したり、組織を新たなセキュリティ上の脅威にさらしたりすることもあります。

Read More

Top 5 Takeaways from the American Chemical Society (ACS) 2023 Fall Meeting: R&D Data, Generative AI and More

By Mike Heiber, Ph.D., Di…

Read More

Life Sciences Labs Optimize with New Digital Technologies and Upskilling

Labs are resetting the tr…

Read More

Real Scientists Make Their Own Tools

There’s a long history of…

Read More

From Data to Discovery: Exploring the Potential of Generative Models in Materials Informatics Solutions

Generative models can be used in many more areas than just language generation, with one particularly promising area: molecule generation for chemical product development.

Read More