Enthoughtが定義する、製薬会社の研究開発ラボにおける真のDX

Enthought GKチームは、東京で開催されたライフサイエンスカンファレンス「ファーマIT&デジタルヘルスエキスポ2022」に出展し、技術的な見識と市場成長の活性化を求めて集まる製薬業界のリーダーたちと会談しました。三日間の会期中に200社が出展し、6700人以上の参加者が集まりました。

デジタルトランスフォーメーションが主要テーマである本展示会は、当社のターゲットとする企業に、製薬業界の新薬開発を加速させる当社のサービスを紹介する絶好の機会となりました。

第一三共の兵庫淳志氏をお迎えし、Enthoughtのシニアエグゼクティブである池 大とともに講演をさせて頂きました。兵庫氏は、Enthoughtのテクノロジーと高い科学的専門知識を活用して実現したデジタルトランスフォーメーションの実例を紹介しました。兵庫氏は、真のDXとEnthoughtとの連携が、第一三共における科学的発見の迅速化と継続的なイノベーションを促進し、データ駆動型経営モデルへの移行という2030年のビジョンを支えていることを示しました。

池は、Enthoughtが日本中の顧客にもたらすデジタル変革の真の価値について説明しました。私たちの仕事は、プロセス、テクノロジー、人材という三つの重要な分野の改善に焦点を当てているため、科学者が企業内で仕事の能力を拡大することを可能にします。Enthoughtは、研究開発が行われるラボ内のワークフローを見直し、作業負荷を軽減することで、反復する試験の結果を効率良く分析に持ち込み、より迅速な新薬開発につなげることができるのです。

第一三共は、世界トップ20の製薬会社の一つですが、研究開発を変革するためにEnthoughtと提携することで、画期的な成果を上げています。研究開発企画部の前情報管理グループ長である兵庫氏は、研究室のパフォーマンスを押し上げるための変革を率先して行いました。第一三共は、差し迫った危機と市場からの遅れを危惧し、DXの取り組みを開始しました。しかし、経験豊富なパートナーからのサポートが必要だと考えており、Enthoughtは彼らが求めるすべての資質を備えていました。「Enthoughtは技術者であると同時に科学者でもあり、ライフサイエンス分野での経験も豊富なため、当社にとって明らかに最適なDXパートナーです。」と兵庫氏は述べました。

DXは現在、日本の中核的なテーマであり、製薬業界では他業界に類を見ないほど緊急性を帯びています。しかしながら、同様の課題を抱えながらも、変革しようとしている企業の経営トップが、真のDXを理解していないと言う問題に直面しています。DXは、一般的に考えられているよりもはるかに大きなものです。

データのデジタル化や整理だけにとどまらず、研究者とテクノロジーが連携することにより、反復するテストや分析作業を自動化し、大幅な効率化を図ることができるのです。

ほとんどの企業は、どこから、また、どのようにDXを始めたら良いのか見当もつかないのです。Enthoughtでは、DXの旅を始めようとしている企業の意欲を勇気づけ、共に歩むためのプログラムを用意しています。

Enthoughtは、多くのDXサービスを提供している企業の中で貴重かつユニークな役割を担っています。製薬業界では、多くの企業がDXという言葉を使って、患者と医師をモバイルテクノロジーでつなぐ、ヘルスケア企業向けにソーシャルメディアを開発、健康管理システムを導入するなど、従来のビジネスプロセスを変化させないまま、新しいプラットフォームやアプリケーションに移行することについて話しています。

Enthoughtにとって、真のDXとは、新しいビジネスエコシステムに適用し、研究開発部門の研究者から変革を始めるべきものです。

日本のライフサイエンス分野で継続的に拡大するチャンスと可能性があり、DXに多くの期待を寄せる企業は、Enthoughtのような信頼と実績のあるパートナーと組むことにより、多くの価値を得ることができます。

詳細についてはお問い合わせください

Share this article:

Related Content

Enthoughtが定義する、製薬会社の研究開発ラボにおける真のDX

Enthought GKチームは、東京で開催されたライフサイエンスカンファレンス「ファーマIT&デジタルヘルスエキスポ2022」に出展し、技術的な見識と市場成長の活性化を求めて集まる製薬業界のリーダーたちと会談しました。三日間の会期中に200社が出展し、6700人以上の参加者が集まりました。 デジタルトランスフォーメーションが主要テーマである本展示会は、当社のターゲットとする企業に、製薬業界の新薬開発を加速させる当社のサービスを

Read More

科学における大規模言語モデルの重要性

OpenAIのChatGPTやGoogleのBardなど、大規模言語モデル(LLM)は自然言語で人と対話する能力において著しい進歩を遂げました。 ユーザーが言葉で要望を入力すれば、LLMは「理解」し、適切な回答を返してくれます。

Read More

ライフサイエンス分野におけるデジタル化拡大の課題

研究開発におけるイノベーションの規模拡大は、ラボか…

Read More

Top 5 Takeaways from the American Chemical Society (ACS) 2023 Fall Meeting: R&D Data, Generative AI and More

By Mike Heiber, Ph.D., Di…

Read More

Life Sciences Labs Optimize with New Digital Technologies and Upskilling

Labs are resetting the tr…

Read More

From Data to Discovery: Exploring the Potential of Generative Models in Materials Informatics Solutions

Generative models can be used in many more areas than just language generation, with one particularly promising area: molecule generation for chemical product development.

Read More

The Importance of Large Language Models in Science Even If You Don’t Work With Language

OpenAI's ChatGPT, Google's Bard, and other similar Large Language Models (LLMs) have made dramatic strides in their ability to interact with people using natural language....

Read More

Leveraging AI in Cell Culture Analysis

Mammalian cell culture is a fundamental tool for many discoveries, innovations, and products in the life sciences.

Read More

Scientists Who Code

Digital skills personas f…

Read More

Making the Most of Small Data in Scientific R&D

For many traditional innovation-driven organizations, scientific data is generated to answer specific immediate research questions and then archived to protect IP, with little attention paid...

Read More